生命保険会社や保険商品を選ぶ際に、アドバイスなしに選ぶと、多く払いすぎている場合も有ります。比較やランキングで選ぶ前に、当ブログで保険選びのアドバイスをご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
団体 信用 生命保険
難病患者に対する生命保険の加入、住宅ローンの借り入れについて
難病患者に対する生命保険の加入、住宅ローンの借り入れについて私の息子は潰瘍性大腸炎(難病)に罹っております。既に成人しておりますが、先日生命保険の加入はおろか住宅ローンの借り入れすらそれぞれの機関から断られました。潰瘍性大腸炎に罹っていると、全ての生命保険会社から、また住宅ローンから締め出されるのでしょうか?どこか、例外的な機関は無いのもでしょうか?(続きを読む)


会社保有の不動産はどのように扱うべきか?
会社保有の不動産はどのように扱うべきか?不動産を所有している会社があります。その不動産には現在、土地、建物でローンの返済をしています。土地に関しては、個人名義ですが会社社長が生命保険を支払っていて、死亡した場合、土地のローンを返済できる仕組みになっています。建物に関しての保険は支払っていません。で、会社は現在社長1人しかいませんので、社長が死亡すると自動的にその会社はなくなります。なので、不動産はその会社社長の家族の所有物になると思っているのですが、まず、この認識は正しいでしょうか?それと不動産を家族が所有する場合、何税が課せられるのでしょうか?(一時所得かと思っているのですが。。。)もし細かい仕組みになっているようでしたら、その辺りも教えてください。また上述のようなケースの場合、どういう風に不動産を扱うのがベストなのか?例えば、会社社長を誰か引き継いで、不動産をそのまま会社名義で保有し続けるべきとか、社長が亡くなる前に不動産を売りさばくのが良いとかどなたか詳しい方おりましたら、教えてください。(続きを読む)


家を建てことによる生命保険の見直し
家を建てことによる生命保険の見直し去年結婚し、今年は新築一戸建てを建てました。わたし25歳と旦那28歳の2人住まいです。子供はまだいません。家を建てたのをきっかけに保険の見直しをしたいと思っています。今まで旦那はつきあいで、友人の奥さんが働いている生命保険会社に月々16,000円くらいの掛金で生命保険に入っていたようです。わたしは女性特有の病気などもしっかり保障してくれる月々10,000円の生命保険に入っています。わたしは保険について今まであまり関心が無い方でした。「とりあえず、毎月払える金額のものならとりあえず何でも」「生存してればボーナス有り、のがいい」 という考えです。ですが、結婚して家を建てた今・・・もし自分・旦那に何かあれば・・・と保険についても昔よりは少し吟味するようになりました。それでもまだまだ、保険について「大変重要」とまでピンときません。「死亡の場合」と言われても、うーん・・・といった感じです。生命保険に関しては人それぞれの考えがあると思います。保険屋さんのお話を聞くと、すごく洗脳されてしまいます。そこで、わたしのようにお家を建てた方で保険を見直した方、どのように見直し、どんな保険に入ったのか聞かせて頂きたいです。わたしの考えでは、旦那はスポーツをしているのでケガや入院などの保障がしっかりしたものに入り、死亡や生活習慣病・脳卒中などはもっと歳とってから入ってもいいんじゃないかなあ・・・と思っています。わたし自身は、女性特有の病気の入院・手術などメインで入ればいいかなと思っています。こんな考えじゃ駄目でしょうか?ちなみに住宅の資金は旦那1人での借入れです。(続きを読む)


住宅ローンの団体信用生命保険についてですが、もし告知義務違反が判明した場合に...
住宅ローンの団体信用生命保険についてですが、もし告知義務違反が判明した場合に、高度障害や死亡時に保険金が支払われず、債務が残ると注意喚起書に記載されていますが、死亡時には誰が債務者となるのでしょうか?保証会社に保証料を支払っているため、保証人は居ません。(続きを読む)


保証協会は、債権放棄するのでしょうか?
保証協会は、債権放棄するのでしょうか?保証協会に対し6000万円ほどの債務を持っています。10年前に経営していた会社が倒産(当座取引などなかったので自然消滅・閉鎖登記など行っていません。)しました。代理弁済を行った保証協会以外の負債は全て完済しました。現在の返済能力では100年以上掛かる計算となり自己破産も検討しているのですが、現状他に債権者もいない状況で取立てや電話などの連絡もなく、たまに残債確認のはがきがくるだけです。不良債権処理による債権放棄は、ありえるのでしょうか?一昨年、保証協会より被告として裁判所に呼び出され裁判を受けました。内容は、債務の残高を確認し認めさせられ一括で払いますかとのことでした。状況を説明し切り詰めても月20万位が限界と申し上げたところ裁判官と申合せていたがように裁判官「金額が金額なのでそれじゃだめですね?(言い方は違ったが)」弁護士(保証協会代理)「はい。だめです。」それで終わりました。その後は、電話もなくたまに葉書がきます。これは、いったいどのような状況なのでしょうか?詳しい方、教えてください。(続きを読む)




生命保険料の見直し中
我家の住宅ローンはフラット35の団体信用生命保険に入っているのでローン債務者の夫に万が一のことがあった場合は残債分が保障されます。(ローンの支払いが不要になります。) とはいえ、それは死亡や高度障害時に適応されるため、ガンや心筋梗塞などで ...(続きを読む)


団体信用生命保険-生命保険 見直し.NAVI -参考RSS情報-
団体信用生命保険関連エントリー団体信用生命保険... お客様の突然の不慮に備え、「団体信用生命保険」も付属してきます。 これを簡単に解説すると、もしもの時の為に ... 人生は何が起こるか分かりませんので、団体信用生命保険があるのは、本当に嬉しい ...(続きを読む)


不動産担保ローンと団体信用生命保険をセットで低金利「アメリカン ...
アメリカンフィナンシャルダイレクトは、団体信用生命保険をセットにした、低金利の不動産担保ローン を販売する会社です。お客様の大切な財産である不動産を、より有効に運用・ご活用頂くためのお手伝いをいたします。 ...(続きを読む)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。