生命保険会社や保険商品を選ぶ際に、アドバイスなしに選ぶと、多く払いすぎている場合も有ります。比較やランキングで選ぶ前に、当ブログで保険選びのアドバイスをご覧下さい。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生命保険 控除
生命保険 控除
生命保険控除は、法定相続人の人数×500万円分の保険料が税対象外になる。それが、リビングニーズによって被保険者が受取ってしまった場合、もはや遺族に残されるのは現金という形になってしまうので、控除の対象とならないのだ。 ...(続きを読む) ...(続きを読む)


保険にまつわる税金・確定申告について
生命保険料控除や医療費控除、保険金や給付金を受取った時の税金はどうなるの?生命保険には税法上の特典が多くあります。知らないと損する事もあるのでよく確認しておきましょう。 ラブラブ夫婦でも保険はべつべつに!? 夫の生命保険に特約で妻の保険を ...(続きを読む)


データ装備費返還訴訟・訴状その3
また、民間の損害保険料にかかる費用については、原告らが登録に際し、あるいは派遣労働契約を締結するに際して、保険関係の当事者や契約内容、労働者に如何なる権利があるのか、保険関係の成立にかかる説明は一切なく、その後原告らが問い質しても被告は ...(続きを読む)




年末調整のことで困ってます。詳しい方教えてください。
年末調整のことで困ってます。詳しい方教えてください。どなたか教えてください。年末調整で源泉徴収票にある「源泉徴収税額」の欄の金額をそのまま給料から天引きされてました。毎月、所得税や年金等の各種税金は天引きされてるのに何故こんなに追徴課税されるのかわかりません。社長に聞いたら去年は「ボーナス出したから・・・」(今まで出てなかった)という返事なのですが、ボーナスはボーナスで税金引かれてるので納得いきません。(正直、手取りより追徴分と所得税等の金額の方が多くて困ってます・・・)。ちゃんとした計算の上でその税額なら納得もしますが、恥ずかしながらさっぱり知識がありません。他人まかせで申し訳無いのですが、どなたか詳しい方計算方法等アドバイスください。手元にある資料は源泉徴収票のみです。宜しくお願いします。(続きを読む)


医療費控除の10万円以上分の領収書について
医療費控除の10万円以上分の領収書について今回、初めて医療控除することになりました。出産をしたので大きな金額の領収書(40万円位)と細々かかった医療費の領収書(合わせて8万円位)があります。知恵袋で調べたら10万円以上だと申告が受けられると見ました。そうすると、我が家の場合は出産の分を申告するだけでいいのでしょうか?細々した分の領収書を合わせて申告しても多くかえってくるというわけではないのでしょうか?(続きを読む)


確定申告
確定申告生命保険の一時所得で計算すると70万円ほどになったのですが税金はどのくらいかかりますか。他に収入とかありません。どなたかおしえてください。(続きを読む)


詐欺に遭った・・・かも
詐欺に遭った・・・かも詐欺に遭ってしまった可能性がありますのでお知恵を拝借したく存じます。。。以前、ある生命保険会社で、個人年金を毎月1万円給料引きで支払っていました。生命保険の営業職(女性)に、もう少し増額して~~とせがまれたんで1万5千へアップする~~と申した所2万円にしか増額出来ない・・と返事があり、数日後に支店長に聞いて、1万4千(以下端数)円にアップするプランで準備しました~~とそう言って来ましたので、その条件で契約書にに判子を押し、、、、、今日まで払ってきましたが今になって、その増額した契約内容が「個人年金」ではなかったのが判明しました。>完全な、死亡保障のみ・・・・。ここで、>個人年金を以前より掛けており、それの増額での契約変更だった。 私が別の生命保険の会社で生命保険を掛けている事は、その年金を掛けた方の営業者は知ってた。>相手は金融機関でもあり、前の契約からの増額だったので、コッチも安心信頼しており 契約書を詳細まで見てない状態で、判子を押していた。いえ。確かに、契約書の内容を見なかった私の責任は有るでしょうが、保険営業者を信頼している、保険に詳しくない素人相手に、保険内容をすりかえて契約書を持ってきて判子を押させた責務は?@今まで2年弱、気が付かなかったです。@過去の年末調整で出す、保険料支払済みの証書は、 年金部分に関しては、労働組合で掛けてる個人年金だけで、10万の控除枠を突破してたので この、生命保険会社の個人年金の支払済みの郵送のは、開いていませんでした。。。何卒、お知恵を拝借したく存じます m(_ _)m(続きを読む)


給与所得について
給与所得についてアフィリエイトにかかる税金に関してですが、アフィリエイト専業の人は38万までなら税金がかからず、給与をほかからもらっていて、副業でやっている人は、年間20万円までは税金がかからないとのことですが、一時的にバイトなどして給与をもらった場合はどうなるのでしょうか?(仮に給与が10万でアフィリエイト50万の場合など)給与の控除が65万あるので、65万以上給与をもらっている場合はアフィリエイトは副業ということになるんでしょうか?ようするに給与「所得」が1円でもあれば副業ということでしょうか?それとも給与の「収入」が1円でもあれば副業なんでしょうか?このへんがよくわからないのでよろしくお願いします。(続きを読む)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2007/09/28(金) 05:56:26 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。